ワーキングホリデー体験談 パート4「シェア」

オーストラリア留学とワーキングホリデーを無料サポートするASP
ASPのサポートシステムの説明 ASPのサポート内容 ご利用規約 ASP現地スタッフ紹介 ASP会社概要 無料質問フォーム 無料サポート申込みフォーム サイトマップ
オーストラリアのイメージ画像
ワーキングホリデー(ワーホリ)留学などオーストラリアでの生活をご計画の皆様へ
ワーキングホリデー(ワーホリ)/留学の手続きに無駄な手数料は一切不要!
オーストラリア現地エージェントならではの無料サポートをご利用ください。
オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ

ワーキングホリデーの全てがわかる!ワーキングホリデー体験談!


   第4部

   シェアってどうだ?


ワーキングホリデーのハイライトのひとつがシェアでの生活というのは疑いのないところだろう。
これは経済的なだけでなく、一番普通の暮らし方だ。

知らない奴らと一緒に共同生活を送るわけだから、それなりの不安はあって当然。

でも実際にシェアを始めてみると、そんな不安とか問題とかよりも、もっとシンプルなことである事を体験するだろう。

いずれにしてもワーキングホリデー生活で、シェアはほとんど避けては通れない道だから、勧めるも何もないのが現実。

だからこれからワーキングホリデーに行こうという人は覚悟するように!?

シェアは1人暮らしに毛が生えたものであったり、合宿生活のようであったり。

僕は日本で1人暮らしをしたことがなかったので、料理も洗濯も全部って自分でしなければいけない(掃除はめったにしなかったが)シェア生活はすごく新鮮で、楽しかった。

さて、シェアをするときに皆が期待するのがオージーとのシェアだ。
僕もそうだった。

果たして来たばかりの英語が流暢ではない僕がオージーとのシェアを見つけることは出来なかった。

シドニーに着いた1週間後電車に乗りブリスベン経由でゴールドコーストに到着した僕は、クーランガッタのバックパッカーに宿をとった。
(これも見つけるのに丸一日かかった)
そしてクーランガッタからサーファーズパラダイスまで毎日バスで30分以上通うのは大変なので、
翌日すぐにサーファーズパラダイスでの宿を探しに行った。
それと同時にシェア探しも始めたのだ。

方法は、地元新聞のシェアメイト募集欄。

片っ端から電話をして見事に全部断られた・・・

「新聞を見たのだけど・・・・」

というと、すごく早口な英語(に聞こえる)で何かを言われるのだが、その中に否定形の言葉を必ず聞き取ることができた。

「アーン…ユーミーン・・・ユー・・・ドント…ニード・・・シェアメート・・・エニモー??(つまり…もう探していないの?」

と聞き返すと

「そうだ」

という答えが帰ってくる。

こちらの訊き方によって相手の言葉はYesにもなりNoにもなるのだが、いずれにしてもシェアメイトはいらないということに変りはなかった。

一度だけ

「じゃぁ、見においで。」

といわれ、

「よっしゃー!」

と訪ねていくと、薄手のナイトガウンを羽織った小太りのおじ様がでてきて、

ごめんなさいねぇ〜さっき決まっちゃったのよ〜

と英語版おねぇ言葉で断られた・・・

あっ、大丈夫です・・・見つかってよかったですね・・・・・

結局どうしたかというと・・・。
ある日、バックパッカーで一緒だった日本人青年がビーチで同じ新聞片手にガックリと肩を落としているのを見つけた。
話しを聞くと、彼もやはり同じように片っ端からトライして、片っ端から断られていたのだ。
それじゃぁ一緒に部屋を借りてしまおうと、2人とも持っていた同じ新聞に載っているレントの欄に目を向け、不動産屋に向かったのだった。
今ではワーキングホリデーメーカーが自分で部屋を借りるのは簡単ではないようだが、そのときはすごく簡単に借りることができた。

僕の場合、オーストラリアに到着して4週間を過ぎたところで、日本人ワーホリ君とのシェアが始まったのだった。
リビングとベッドルームがそれぞれ1つある、いわゆる1ベッドルームで3棟つながった長屋のような(ボロ)アパートだった。
その時すでにアルバイト先は決まっていた・・・・

バイトより住むところを探す方が苦労したのだ。

今の時代は インターネットを駆使すれば英語、日本語ともにいくらでもシェア募集の情報は手に入る。
シドニー中心部にはアジア系の留学生が沢山いるので彼らとのシェアはいつでも見つけることが出来る。
もちろん住みたい地域が限定されているのなら、地元新聞を活用するという方法は未だ健在だ。
それでも見ているとやっぱり4週間位はかかっているように見える。
最初の4週間ホームステイを僕が勧めるのもその理由からだ。

ではオージーと一緒にシェアをしたら英語ができるようなるか?

これも答えはYesでありNoでもある。

それは、自分次第はもちろんのこと、相手次第でもあるからだから。

運良くオージーや他の英語圏、他国の人とシェアをしたからといって、彼らと友達になれるという保障はない。
特に英語が初級レベルにもかかわらず、運良く(悪く?)オージーとシェアできたとしても、コミュニケーションが取れないのだから、
相手がよっぽど面倒見のよい人でない限り、必要最小限以外に彼らと会話をすることはないだろう。

また、彼らの生活パターンと自分の生活パターンの違いから一日で顔を合わせるのは数分、交わす言葉は1フレーズってことも珍しくない。

シェアメイトというのは基本的には部屋代を負担しあう相手であり、仲良しである必要などないのだ。

でも、例えばサーフィンなどの同じ趣味をもっていたり、彼がはまっていること、例えばラグビー・リーグなど、スポーツ観戦などに積極的にはまっていくことによって、同じ時間を共有し、オーストラリアライフをより深く堪能できるし、それによって英会話力を伸ばすことは可能だ。
ただし、相手の言っていることが理解でき、また自分の意思を伝えられるという最低限でも中級の下あたりの英語力が備わっていないと、単なるお荷物になってしまい、相手がよっぽど面倒見の良い人でない限り相手をしてくれなくなるだろう。

やっぱり自分次第なのだ。

その点はしっかり覚えておくべきだろう。



前述したように、僕のワーキングホリデー時代は日本人のワーホリ君たちと過ごしたのだが、 それはそれでとっても楽しかった。
最初に借りたボロアパートでは、1人暮らしのオージーのおっさんを挟んだ2件となりに、やはり日本人のワーホリ君達がいた。
彼らは日本の旅行専門学校卒業生で学校卒業後に手配されるプログラムで来ていて、ツアーガイドをやっていた。
夜になると、テレビなど当然無い僕たちの部屋に集まり、僕が買った安物のラジカセ!から流れる音楽をBGMに、
時がたつのも忘れいろいろな話題に花を咲かせた。

2人で借りたベッドルームが一つだけあるアパート(長屋?)には、
入居日にサーファーズでさまよっていた
シドニーからブリスベンへと1人で旅立った、
マニラで苦楽をともにした奴が合流することになり
ただでさえ狭いベッドルームに男3人が川の字になって寝る事となったのだ。
その後人が入れ替わり、
彼は
「僕は川は嫌だなぁ。」
といい、
結局コの字で寝ることに・・・どっちも一緒のような・・・

僕のワーキングホリデー体験のハイライトのひとつは、なんと言っても、この初期のシェア生活だった。

親元から離れたことのない、甘ちゃんの僕が自力で、しかも外国で生活できたというのは、その後大きな自信にもなった。

ワーキングホリデーできたら、人それぞれ、さまざまなシェア体験をすると思う。
たとえちょっとトラぶったとしても後で思い返せば、きっといい思い出になるはずだから。
日本ではなかなかできないシェア生活。
だから是非楽しんで欲しい。

関連情報:
ワーキングホリデー予算節約テクニック1 - 10万円節約方法
ワーキングホリデー予算節約テクニック2 - スチューデントハウス利用

さぁ!次はいよいよバイトだ!

第5章:どうやってバイト探すの?


ワーキングホリデー攻略 ワンポイントアドバイス シェアの探し方

一番手っ取り早いのはインターネットでのシェア探しですね。
英語が得意では無い場合で日系のサイトで探すと良いでしょう。

案外日本人以外の人がシェア募集しているものですよ。

でも、相場や場所のことなど、いきなりだとイマイチわからないのは当然。
なので、最低でも2週間はシェア探しにかかると思っていいかも。

学校でできた友達も、凄く大事な情報源です。

同じクラスに、自分より早くから入学している生徒さんがいる事は多々あります。
相手が日本人であろうとなかろうと、積極的に仲良くなって情報収集することは凄く大切です。

バックパッカー派の人はバックパッカーの掲示板ですね。

入居を決める前に、お金の件についてはしっかり確認しておくこと。
退出時の条件もちゃんとに確認しておく事が大切です。

現地では実際に募集広告などを一緒にみながら詳しく解説します。

目次

ワーキングホリデーや留学の事 なにから始めたらいいの? ワーホリって実際どうなの?  まずは質問してみよう!
メールで相談 メッセンジャーで相談 スカイプで相談 電話で相談 Mixiで相談

無料質問相談
ワー キングホリデー(ワーホリ)、語学学校留学、各種専門学校留学、ビザ、ホームステイ、などオーストラリアの事ならどんな事でも、お気軽にASPシドニーデスクへ連絡をどうぞ!
◆ お問い合わせには現地シドニーから24時間以内にお答えい たします。
(週末受信分は週明けになる場合がございます)
◆ Skypeの場合ですとライブにて担当者に質問が出来ます。

★質問デスクへ簡単質問メール する←クリック

★Skypeでライブチャット相談(大好評!)←クリック

皆様からのお問い合わせは、知識と経験を兼ね備えた
RCA留学協会認定海外留学アドバイザー
が迅速丁寧にお答えいたします。
  
asp Australia Student Pipeline Pty. Ltd.

オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
本社ASPシドニーデスク

担当:赤穂
Suite 604, Level 6
2 Help Street
Chatswood NSW 2067 AUSTRALIA
TEL:+61-411-423225
(日本語ホットライン)

FAX:+61-2-9267-7863
info@asp-ryugaku.com
オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
ユーアイツーリスト赤坂支店
イーグルツアー

航空券手配留学カウンセリング
担当:荻野
〒107−0052
東京都港区
赤坂2−17−55−508
TEL:03−5549−2332
FAX:03−5549−2677
ogino@eagletour.co.jp

オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
P.O.C Field
(ピーオーシーフィールド社内)

担当:中野
〒565−0851
大阪府吹田市
千里山西1−38−14
WK千里山ビル4階
(阪急千里線千里駅西口正面)
TEL:06−6326−3530
info@poc-field.com
HOME TOP