オーストラリアワーキングホリデー体験談 パート3

オーストラリア留学とワーキングホリデーを無料サポートするASP

オーストラリアのワーキングホリデー情報 オーストラリアの留学情報 オーストラリア資格取得 オーストラリアのスポーツ留学 短期留学・資格取得 オーストラリア全土の語学学校リスト 無料質問デスク
オーストラリアのワーキングホリデー、留学のイメージ画像無料システムの説明サポート内容の説明ASPの会社案内ご利用規約の説明ASPスタッフ紹介ご利用者からの声質問集当ホームページのサイトマップ

ワーキングホリデー(ワーホリ)留学などオーストラリアでの生活をご計画の皆様へ
ワーキングホリデー(ワーホリ)/留学の手続きに無駄な手数料は一切不要!
オーストラリア現地エージェントならではの無料サポートをご利用ください。
オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ

ワーキングホリデーの全てがわかる!ワーキングホリデー体験談!


   第3部

  最初の滞在方法は、ホームステイがいいの?
 

ワーキングホリデーの場合、最初の宿泊先はまさか高級ホテルって事は無いよね。
いずれにしても、到着した日から当面滞在するところは予め決めてくるべき。
そうなるとチョイスはホテル、ユースなどのホステルやバックパッカー、そしてホームステイだ。

学校の寮(ただのホステルだったりすることもある)というチョイスもあるが
ほとんどの学校は寮という施設を持っていないのが現実だし、
大学の学生寮はびっくりするほど高いのだ!



もちろん一番費用を節約できるのはシェア。
シェアを出発前に見つけることは不可能とはいわないが、
知り合いが現地にいるなどの条件が揃わない限り無理だと思ってよい。

実際に会わないことには相手だって決められないからだ。

僕の場合・・・

日本でビザを申請に行った時
(当時はインターネットなどが存在しなかったので大使館まで申請をしにいかなければ行けなかった)
中庭にいた怪しいオッサンにそそのかされて?航空券と最初の1週間の宿の手配を彼に依頼した。

それがマニラでのハプニングの始まりだったのだが、それはこっちにきたらじっくり語らせてもらうとして、

「最初の宿は絶対に決めてから行け」

というオッサンの言葉は確かだなと思い、オッサンに言われるがまま、
今思えばボーディングハウスのようなところに1週間滞在した。

巨大なお屋敷に沢山の部屋があり、世界中から留学生などが集まって住んでいた。
個室でバストイレは共同、調理した朝食がついていた。

いくらだったのかは全く覚えがない・・・。

そこに滞在している間に、自分より前からそこ滞在している他の日本人ワーホリや、
訪れたビーチにいた日本人ワーホリから、当事のオーストラリアのワーホリ事情を収集して次ぎの行動をとったのだった。

今やもうその施設はない。
そして、もしそのオッサンが手配するのがホームステイだったら、きっと最初の滞在はホームステイだっただろう。

さて、現在はこれだけ情報が簡単に入手できていろいろなチョイスがあるのだが、やはり王道はホームステイだ。
ホームステイにまつわる悪い話は確かにあるが、学校を通じて手配されるホストファミリーで問題がおこるのはちょっと考えにくいし、
いままで大勢の人たちから話しを聞いてきたが問題はない。

うーん、 何百人という人たちの手配のお手伝いをしてきたのだから、全くないというわけではないや・・・
支給される食事があまりにも粗末だという件が1件。
もっともそこのご家庭も同じ物を食べていた・・・
ホストマザーとウマが合わないというのが1件。
ちなみに同じお宅ステイした他の2人は、ここのマザーは最高です!といっていた。

基本的に学校が手配するホストファミリーは長年留学生を受け入れてきたご家庭がおおく、その扱いにも慣れている。
特に到着したときにはここで生活するための基本情報を与えてくれる貴重な存在。
学校で教わったことを復習する相手をしてくれたり、時にはマザーの飲み相手にされたり・・・・。



そしてワーキングホリデーの滞在期間中に一般的なオーストラリア人の生活を体験する方法は、なんといってもホームステイが筆頭だ。
オーストラリア人の一般的生活のなかに自分が入っていくのだから当然そのお宅の従うべきルールがある。

その代表的なのは「お風呂は**分まで」というもの。
別にケチっているのではないのだ。
オーストラリアのお宅の多くはお湯が個別のタンクで供給されるので、一人で沢山使ってしまうと次ぎの人が利用する時に相当時間待たなければならなくなる。
だからこのルールは絶対に守らないといけない。
これはホームステイだけでなく、シェアでも起こると思っていいだろう。
ところがシェアのときは、すでにホームステイで経験しているのでみんなそんなの当然となり、そのことが話題にならなくなったりするのだ。
こんなこと給湯システムが発達している日本ではありえないのだが、そのありえないことが沢山起こるのが外国だ。

自分の常識とは違う考え方、価値観、習慣などを知ることは外国で暮らすことの意義のひとつだと思うのだが、
それを最も手軽に体験できるのは絶対にホームステイだとおもうのである。
バックパッカーとかシェアになってしまうと、ある程度自分のペースで生活ができてしまうので、そのような体験をするのは困難だ。
事実僕はこの国に12年(ん?13年か?)住んでいるが、一般的なオーストラリア人家庭の日常の食卓はテレビ等をつうじてしか知らない。
だって、お招き頂いたときは普通パーティーとかなのだから、あんなの毎日食べているわけがないもの・・・

だから僕は皆には最初の4週間だけホームステイをすることを勧めている。
そして、皆に会うたびに「ホームステイどう?どう?」って聞いているのだ。
だから是非体験して、体験談を教えて欲しい。





関連情報:ワーキングホリデーでスチューデントハウス(シェアハウス)滞在の勧め


「つうか、ワーキングホリデーって言ったらシェアだろ!シェア!それはどうなのよ!」

あ”・・・・次に語りますので読んでください・・・。

第4章:シェアってどうだ?


ワーキングホリデー攻略 ワンポイントアドバイス ホームステイ編

ホームステイって一番費用がかかると思うでしょ?

でも1人部屋を借りると言う場合は、ユースホステルと比べてもホームステイのほうが安いのです。

場合によってはバックパッカーよりもホームステイのほうが安く滞在できる場合があります。

ちなみに シドニー中心のYHA(ユース)で女性が4人部屋に宿泊した場合
 1泊$40なので
1週間 $280

ホームステイの場合
1週間 $250 

です。
(厳密には手配料がかかるので 1週間だとホームステイは$500です。

でも、4週間の滞在だと週当たりホームステイが32.5ドルほど高いだけで、
しかも個室利用、食事つきです

ホームステイは空きが無いということは非常に稀です。

ASPではシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストそしてパースにおいて
ホームステイのみの手配代行も可能です。
(ゴールドコーストではプール付きのお宅を手配可能です!)

費用は週$230〜$260、別途手配料として$200〜$250かかるのが普通です。
期間は4週間で十分。
4週間あればその間にシェアを探す事は可能だからです。

あ、シェア探しの方法は私が現地でアドバイスしますからご安心を!
(ちなみに2週間だけだと、土地勘が無い限りシェアを探すのはちょっと大変)
また、ホームステイは滞在中に延長も可能です。

目次

ワーキングホリデーや留学の事 なにから始めたらいいの? ワーホリって実際どうなの?  まずは質問してみよう!
メールで相談 メッセンジャーで相談 スカイプで相談 電話で相談 Mixiで相談

無料質問相談
ワー キングホリデー(ワーホリ)、語学学校留学、各種専門学校留学、ビザ、ホームステイ、などオーストラリアの事ならどんな事でも、お気軽にASPシドニーデスクへ連絡をどうぞ!
◆ お問い合わせには現地シドニーから24時間以内にお答えい たします。
(週末受信分は週明けになる場合がございます)
◆ Skypeの場合ですとライブにて担当者に質問が出来ます。

★質問デスクへ簡単質問メール する←クリック

★Skypeでライブチャット相談(大好評!)←クリック

皆様からのお問い合わせは、知識と経験を兼ね備えた
RCA留学協会認定海外留学アドバイザー
が迅速丁寧にお答えいたします。
  
asp Australia Student Pipeline Pty. Ltd.

オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
本社ASPシドニーデスク

担当:赤穂
Suite 604, Level 6
2 Help Street
Chatswood NSW 2067 AUSTRALIA
TEL:+61-411-423225
(日本語ホットライン)

FAX:+61-2-9267-7863
info@asp-ryugaku.com
オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
ユーアイツーリスト赤坂支店
イーグルツアー

航空券手配留学カウンセリング
担当:荻野
〒107−0052
東京都港区
赤坂2−17−55−508
TEL:03−5549−2332
FAX:03−5549−2677
ogino@eagletour.co.jp

オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
P.O.C Field
(ピーオーシーフィールド社内)

担当:中野
〒565−0851
大阪府吹田市
千里山西1−38−14
WK千里山ビル4階
(阪急千里線千里駅西口正面)
TEL:06−6326−3530
info@poc-field.com
TOP HOME

留学情報ワーキングホリデー情報専門学校、資格取得語学学校・専門学校リストホームステイスポーツ留学イベント情報
ご利用規約サポート内容無料システム会社案内| スタッフ紹介無料質問デスク無料申込みフォームサイトマップ
オーストラリア ワーキングホリデー
Copyright(c) [ASP] Australia Student Pipeline Pty. Ltd. All Rights Reserved. 無断転載・転用・引用禁止