ワーキングホリデー体験談 パート1「何でワーキングホリデー?」

オーストラリア留学とワーキングホリデーを無料サポートするASP
ASPのサポートシステムの説明 ASPのサポート内容 ご利用規約 ASP現地スタッフ紹介 ASP会社概要 無料質問フォーム 無料サポート申込みフォーム サイトマップ
オーストラリアのイメージ画像
ワーキングホリデー(ワーホリ)留学などオーストラリアでの生活をご計画の皆様へ
ワーキングホリデー(ワーホリ)/留学の手続きに無駄な手数料は一切不要!
オーストラリア現地エージェントならではの無料サポートをご利用ください。
オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ

オーストラリア ワーキングホリデー体験談


   第1部

  みんな何でワーキングホリデー行くの? (僕の場合はこうだった)


僕はワーキングホリデーでこの国に来た。
もうずっと昔の話だけど、僕の場合はこうだった。

僕がワーキングホリデーで渡航したのは1988年のこと。
つまりこの制度が始まって8年後の事になるわけだ。

何故ワーキングホリデーにしたのか?

そもそも、ワーキングホリデーに行こうと思ったのは、進路を考えなければいけなくなった大学3年生の時。
このまま就職するといっても、これといってやりたいことも無かった僕は、それよりも自分を試すような冒険をしてみたいと思い立った。
「例えばモンゴルの奥地へ1人で旅して帰ってきたら、きっとヒトマワリもフタマワリも成長して帰ってこれるんじゃないか?」
などと、出来もしないことを妄想していた。

そんな時、愛読していたサーフィン雑誌の広告に目が留まった。
それは、ワーキングホリデーという制度を使ってオーストラリアで1年の海外生活と、
サーフィン生活を満喫してきたという人の本だった。

速攻で購入したその本を読み終えた僕が 「こ、これじゃん!」 と、つぶやいたのはいうまでもない。

生まれ育ったのが米軍基地の町である横須賀という土地柄か、昔から心のどこかで海外で暮らすということへの漠然とした想いがあった。
お世話になっていたサーフショップの大将がハワイに9年も住んでいて、彼の体験談に影響を受けていたこともあった。

それに加え、今まで親元を離れることなく生きてきた自分が、
全く頼れる人のいない、言葉も通じない、右も左もわからないような所へ飛び込んでいき、
そこで、たとえ1年間でも、暮らしていくことは、ぬるま湯につかった世間知らずで甘ったれの自分を改革できる道だと思ったんだ。

それからワーキングホリデーというものを調べ始めた。
しかし調べるといっても、当時インターネットはおろかパソコンすら存在しない時代。
今思い返してもどうやって情報を得たのだろうと思うくらい。
たぶん情報源は前出の本と「地球の歩き方オーストラリア編」のみだったと思う。

そしてわかったことは、ワーキングホリデーで渡航できる国はオーストラリア、ニュージーランドそしてカナダの3カ国。
オーストラリア、カナダは25歳まで、ニュージーランドは30歳までの年齢制限がある。
各国とも半年の滞在が認められ、その後更に半年の延長ができるということ。
そしてワーキングホリデービザを取得するには70万円の貯金残高を証明する必要があるということだった。
(現在の条件は大きく違っています。詳しくはこちらをご参照ください。 >>オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)情報)

さて、ではどの国に行くのか。
先ずサーフィンのできない(出来たとしても寒すぎる)カナダは除外。
確かニュージーランドは最初から1年のワーキングホリデービザが発給されることや、
どうやら住んでいる人々が素朴で優しく住みやすいという印象。
しかしながらそれ以外に全く情報を得る術が見つからない。
(確か「地球の歩き方ニュージーランド編」は存在していなかったと思う。)
結局消去法で残ったのがオーストラリアだった。

当時ワーキングホリデーで外国へ行ってきたという人はおろか、ワーキングホリデーなどという言葉を知っている人すら回りには皆無。
ワーキングホリデー体験談もその本からの情報だけ。
それゆえワーキングホリデーでオーストラリアに行くということはかなりの冒険だったのだ。

しかしせっかく自分で決めたことをあきらめたくなかった僕は、周囲の皆に
「卒業したらワーキングホリデーでオーストラリアに行く!」
と宣言し、就職活動も全くせず、自分に対して背水の陣を強いた。
先ずは資金をためないといけないので、大学4年の1年間は就職活動に勤しむ学友を横目に、昼夜を問わずアルバイトに明け暮れた。

地球儀の下の方に立てたピンを睨みつつ。

そして1988年の10月。
初めて行く海外へ、初めて乗る飛行機が飛び立つ、初めて訪れる成田空港へ向かい、
近所のバス停から母に見送られ、京浜急行バス浦賀駅行きに乗り込んだ。
そして日本を出発した。
マニラ行きパキスタン航空で,シドニーへ向かって。

今の時代にワーキングホリデーをしようという人たちの動機は何だろう?
人それぞれだろうけど、「一度海外で暮らしてみたい」というチャレンジな気持ちはみんな少なからず持っているだろう。
15年以上前と違って、今ではワーキングホリデー体験談なんていくらでも聞くことができるだろうし、
 現地情報だっていくらでも手に入れることができる。
でも実際に自分が体験したわけではないのだから、チャレンジであることに変りはないはずだ。

さすがに当時の僕のように1年間ワーホリでオーストラリアにいけばハクがつく
 なんていう妄想にとらわれている人は極少数または皆無だとおもうけど、
 何か自分にプラスになることを見つけたいという気持ちはきっと一緒だと思う。

そこで皆に知っておいて欲しいことは、
「オーストラリアに来れば何かが変る」
のではなく
「オーストラリアに来れば何かを変えるチャンスが見つかるかもしれない」
ということだ。

あとでも述べるけど、ワーキングホリデーでオーストラリアに暮らすことは決して難しいことでもすごいことでもなんでもない。
どちらかというと「余裕」+「楽」。
ただ「自分の今の情況から抜け出したいから」とかの「逃避系」や、
「行けばきっと自分は変れる」
 とかいう根拠のない受動的な考えでワーホリしちゃうと思いがけず泥沼はまるから・・・・。

買い物に使う程度の英語だけで暮らせちゃうし、インターネットさえ確保しちゃえば「ヒキコモリ」になる事だって全然できちゃう。
道行く人たちの毛色がちがうだけで、あとは日本にいるのと一緒だ・・・・ って、事にだってなりかねないのだ。

でも、一歩足を踏み出してみることは絶対に無駄にならないと思う。
やらないで後悔するよりのと、やって失敗しちゃうのでは得るものが100倍違うのは、皆きっと賛同してくれるだろう。

今しかできないチャンスに、自分の知らない世界を体験するために足を踏み出すのは間違いだろうか?

この先を読んでくれれば、どんな世界が待っているのかが、ほんのちょっとだけ垣間見れると思う。

関連情報:ワーキングホリデーに行ったら何が得られのるか?




第2章:語学学校は行くべきか?



目次


無料質問相談
ワー キングホリデー(ワーホリ)、語学学校留学、各種専門学校留学、ビザ、ホームステイ、などオーストラリアの事ならどんな事でも、お気軽にASPシドニーデスクへ連絡をどうぞ!
◆ お問い合わせには現地シドニーから24時間以内にお答えい たします。
(週末受信分は週明けになる場合がございます)
◆ Skypeの場合ですとライブにて担当者に質問が出来ます。

★質問デスクへ簡単質問メール する←クリック

★Skypeでライブチャット相談(大好評!)←クリック

皆様からのお問い合わせは、知識と経験を兼ね備えた
RCA留学協会認定海外留学アドバイザー
が迅速丁寧にお答えいたします。
  
asp Australia Student Pipeline Pty. Ltd.

オーストラリアスチューデントパイプラインシドニーデスク
本社ASPシドニーデスク
担当:赤穂
Suite 604, Level 6
2 Help Street
Chatswood NSW 2067
AUSTRALIA
TEL:+61-411-423225
FAX:+61-2-8004-8190
info@asp-ryugaku.com
オーストラリアスチューデントパイプライン東京代理店
ユーアイツーリスト東京支店
イーグルツアー

航空券手配留学カウンセリング
担当:荻野
〒107−0052
東京都千代田区
岩本町2-12-8
ディアビル神田3F
TEL:03−5820−3181
FAX:03−5820−8638
ogino@eagletour.co.jp
オーストラリアスチューデントパイプライン大阪オフィス
P.O.C Field社内
留学カウンセリング
担当:中野
〒565−0851
大阪府吹田市
千里山西1−38−14
WK千里山ビル4階
(阪急千里線千里駅西口正面)
TEL:06−6326−3530
info@poc-field.com
HOME TOP