Monthly Archives: September 2014

今日のシドニーは夏真っ盛り!でもね・・・

今日のシドニーは真夏を思わせるような晴天で最高気温も30度を超えました。

来週末には夏時間も始まりいよいよ夏に突入か!と言いたいところですが…

Sydney temperature closes in on September record

manlybeach

SYDNEYSIDERS enjoyed their first taste of summer today with temperatures exceeding 32 degrees.
Many flocked to the city’s beaches and parks to enjoy the perfect conditions, which are set to be repeated tomorrow before temperatures drop dramatically on Wednesday.

記事概要:シドニーの住民たちは今年初の32度を超す夏日を味わいました。
大勢の人がビーチや公園にあつまりこのパーフェクトな陽気を楽しんだわけですが、この陽気は明日まで続きます。
水曜日に気温が劇的に下がるまで・・・。

語句解説
SYDNEYSIDERS:シドニーの住民の事を指す言葉でたの都市にもそれぞれ名称があります。詳しくは過去のブログを見て下さいね。

今日は本当に良い天気でしたよ。
私は午前中ちょっと海から離れたところに行っていたのですが、よく晴れた空に大地が広がり素敵な小ドライブを楽しめました。

この陽気は明日まで続くそうですが、水曜日の気象予報をみると最高気温は21度になっています。
日曜日に最高気温26度まで上がるようですが水曜日からの4日間は20~23度が最高気温です。

もっとも風は北からのゆるい風なので陽の当たる場所はきっと暖かいとおもいますよ。

ちなみにオーストラリアは南半球にあります。
なので北の方に赤道があるため北風は暖かく、南には南極があるので南風は寒いのです。
(とくにメルボルンの方はダイレクトに南極からの風がはいるので、南風が吹くと寒いですから)

明日も夏日だそうです。
学校サボってビーチ行くという計画を今から立ててみては??

オーストラリアのビーチは危険なのか

オーストラリアのビーチは遊泳区域が厳密に定められています。
赤と黄色の旗の間で必ず泳ぐようしましょう。

もしもそのルールを無視すると思いがけず波にさらわれる事があります。

この男性のように。

A timely surf warning as man pulled from rip at North Cronulla on Sunday

rip

A lone swimmer enters the surf at a closed beach and quickly finds himself in trouble after becoming caught in a rip.
Fortunately, the young man was spotted by surf lifesavers who rushed to his aid on Sunday afternoon.

記事概要
日曜日の午後のこと、シドニー南部のクロヌラビーチで遊泳禁止を無視して海にはいった男性があっという間に離岸流に捕まり流されました。
幸いなことにライフセーバーがそれをすぐに見つけて救助したそうです。

語句解説
rip この言葉も多数の意味がありますが、このような場合は離岸流など潮の流れの事を指します。
オーストラリアのビーチに行くと看板にこの言葉が書かれています。
そのような看板は海で流される恐れがあることへの警告なのでしっかりと読んでおいたほうがよいですよ。

ではオーストラリアのビーチは危険なのかというと、赤と黄色の旗の間で遊んでいれば大丈夫です。
つねに優秀なライフセーバーが目を光らせているからです。

旗が立っている遊泳区域は岸に向かって波や潮の流れがある場所なので沖に流されることはないのです。
つまりそれを無視して遊泳区域以外であそんでいるとこの男性のように流されて、救助され、ビーチで恥ずかしい思いをすることになります。

恥ずかしい思いをするだけなら良いですが、もっと大事故になる可能性もありますので、本当気をつけましょう。

ちなみにサーフィンをする場合、さらに注意が必要です。
とくに初心者の皆さんは十分に気をつけましょう。
サーフィンができるところは旗の外、つまり沖に向かう流れがあるようなところになります。

パドリングもままならない初心者だとあっという間に沖に流されてしまうことはよくあります。
波が大きい時は流れも強くなるので注意が必要です。

ワーキングホリデーできてサーフィンにトライしてみたいという人は
マンリービーチやボンダイビーチで行われているサーフィンスクールに行ってみるとよいでしょう。

そして経験者のかたはぜひマンリーへ!
一緒に海行きましょう!