Monthly Archives: February 2014

カンタスがピンチ!

 

今話題になっている時事に通じることは会話力を身につけるためにとても大切な事です。

何故かと言うと、時事に通じることで人々の会話に入ることが出来るからです。

時事に通じるにはニュースに触れる事ですが、ワーキングホリデーや留学ではテレビのニュースに触れる事が少ないはず。

なので駅で配られるMX Newsなどといった新聞記事が頼りになるのです。

(またはネットでニュースを見るのも効果的な方法です)

さて、今日オーストラリアでもっとも話題になっているのがカンタス航空の大規模なリストラと業務縮小です。

Qantas CEO Alan Joyce announces 5000 jobs cut

QF2

 

空飛ぶカンガルーもこんな状態なのです・・・

今日の1文

QANTAS has confirmed it will cut 5000 jobs from its 32,000-strong workforce, after announcing a $252 million half-year loss.

今日は特に難しい語句はありませんので下記の概要でそれぞれの語句を考えてみてください。

カンタス航空は半期決算の2億5200万ドル(約252億円)の赤字を発表し、3万2千強の雇用から5000人の解雇に踏み切ることを発表したそうです。

これ以外にも多くの機体が売りに出され、大幅な路線の変更など、巨額の赤字解消にむけて大規模な経営の建て直しの着手を強いられるようです。

QF

カンタスは日本で言えばJALと同じく国も出資している国営航空会社なので、国民の税金にも関わる非常に大きな問題なのです。

なので、何処かでカンタスという言葉を聞いたら

「ああ、あれのことだな」

ということがわかるようにしておきましょう。

今オーストラリアや世界で起こっていることにアンテナを張っておくことは英会話力をアップさせたいと思っている人にとってはとても重要な事です。

新聞記事は英会話力をアップさせたい皆さんの味方なのです。

 

オーストラリアのワーキングホリデーや留学を考えてる皆さんにはASPワーホリ情報センターが味方になります!

 

 

 

近所で事故だ!

 

「他人の不幸は密の味」

とはちょっと違うけど・・・

身近で起きた事故や事件というのは最高の話題のネタですよね。

特に自分が目撃、遭遇した事故の話はすぐ誰かに話したくなるものです。

でも、それをどうやって英語で表現したらよいのか?

日ごろから事故について書かれた新聞記事を目にしておけば、おのずと必要となる語句や熟語をストックしておくことが出来るようになるのです。

今日見つけた記事はその良い例です。

なんと、わが社のオフィスからあるいて10分くらいの所で今朝起きた事故。

Concrete pump truck crashes on to building site at Chatswood

truck

 

CRANES have righted a concrete truck that toppled onto a construction site in Sydney’s north.

今日も訳よりも概要を説明しますので、上記の文の意味を、なんとなくでよいので、読み取って見ましょう。

わが社があるチャッツウッドのデパートの裏通りでコンクリートを流し込む長いパイプが付いたトラックが写真のように建物に向かって倒れてしまいビルを破壊。

その周辺の住民、保育園、デパート駐車場の1部など周囲75m内の人々が一時的に非難を強いられたそうです。

写真をクリックすると本文にリンクするので全文を読んでみるといいですよ。

案外簡単な文章だから。

ちょっと長い文章でもわからない単語はドンドン飛ばして、わかる語句だけで文章を読み取る訓練をしましょう。

そしてある単語がわからないがためにどうしても文章を読み取れない場合に辞書を調べ、そこに書かれている日本語の意味を文中の出来事に置き換えてイメージして覚えましょう。

大切なことは日本語で覚えるのではなくイメージで覚えることなんです。

この文の1点だけ語句の説明をしますね。

righted というのはright にedがついた単語ですが、right にも様々な意味があるのですが右側を意味する以外は原則的には「正」に関する意味となります。

なのでこの場合は「正す=まっすぐにする=立て直す=起す」という意味になります。

日本語ので適切な言葉はどうでもよく、この文中ではクレーンが倒れたトラックを立て直している状況をイメージし、それをあらわす言葉がright(ed)と覚えておきましょう。

新聞記事は役に立つなー。

 

オーストラリアのワーキングホリデーや留学はASPワーホリ情報センターがお役に立ちます。