Monthly Archives: November 2013

これは怖い!ホラー版ロナルド

 

英会話力アップのためにはアウトプットとインプットが重要であり

インプットのためのネタ探しには新聞を活用しようという事を

>>こちら<< で解説しています。

 

さて、そのMX newsを今日手にした人ならきっと目にして

驚愕したであろう写真がこれでしょう。

こ、こぇぇよぉぉぉ
こ、こぇぇよぉぉぉ

この完全にホラー映画のキャラは誰かというと

この人のお父さん?

rm

1963年頃のドナルドはこんな怖いキャラだったようなのです。

この頃のテレビCMも突っ込みどころ満載で最高。

 

子供が「ママが知らない人と話しちゃいけないって」

といいながらも

「オジサンはロナルドマクドナルドだよ~

ほら~」

といってハンバーガーを出しながら

「あーでも知らない人からこんなものもらっちゃダメかなぁ?」

と言うと子供は

「オジサンはもう知らない人じゃないよ!本当のロナルドだ~!」

と騙され誘拐されていくという恐怖サスペンス仕立てのCMです。

 

MX Newsの記事は

NIGHTMARE MATERIAL: Clowns are creepy. But the original Ronald McDonald was borderline terrifying. This vintage shot of the red-nut burger-pusher from advertising circa 1963 re-emerged recently.

Clownはピエロ(道化師)のこと

Creepyは気味が悪い感じのときに使う言葉で

その後の Terrifying は恐怖におののくくらいのかなり恐ろしい様を言います。

つまりピエロはちょっと気味が悪いけど

ロナルドのオリジナルバージョンは恐怖と紙一重

ってことが書かれているのですね。

 

こういった面白画像はシェアメイトやクラスメートとの

格好の会話ネタに使えますのでガンガン活用しましょう。

 

いやー新聞は面白い・・・いや 英会話のネタ探しに役立ちますね!

ワーキングホリデーや留学のご相談は

ASP留学情報センター がお役に立ちます。

 

トイレを我慢の時は?

 

2013-11-27 05.31.45

昨日の早朝シドニー某所で撮った写真です。

外国みたいにきれいな景色だったなぁ。

 

ここから水上タクシーにのって

某所へ行ってきました。

そこで出会ったワーホリのMamoru君

はとても人懐こい青年。

 

まだオーストラリアに来て1ヶ月の彼の英語力は

エレメンタリー(初級)レベル。

でも、周りの人たちに

積極的に英語で喋ろうとする姿勢から

彼の会話力はきっと早い段階でアップするだろうと思わされました。

 

トイレに行きたくなってしまったワタシにたいして

「Keep on!」

という言葉を投げかけてくれた優しいMamoru君。

彼的には 「我慢することを続けて!」って意味だったのだよね。

きっと。

でも、Keep onはちょっと違うかなぁ。

この場合は Hold it とか keep holding it とかのほうが適切ですね。

「我慢する」って英語を調べると

真っ先に出てくるのが patient って言う言葉。

これは慎むとか忍耐とかと同意語の我慢になるので

トイレを我慢するのはちょっと違うのです。

トイレを我慢するのは たとえばおしっこを出ないよう我慢するわけなので

hold の言葉が適応されるのですね。

目の前ですでに我慢をしている人に対して

もうすぐ休憩時間だからもう少し我慢し続けて

って意味でMamoru君はKeepという言葉使ったのですね。

気持ちはよくわかるけど

Keep on っていわれると

物事を進める方向に続けるという意味合いに聞こえるので

出し続けちゃえよ! って言う意味に近くなるかも。

 

今回Mamoru君が素晴らしい!と思ったのは

このように間違いを恐れず、相手が日本人であっても

英語で発言をしたところです。

さらには相手が日本人だったからこそ、

訂正してもらうことが出来たわけです。

 

英語が初級レベルだからといって

失敗や間違いを恐れず

相手が日本人でも積極的に英語を使うことで

得られることは思っているよりも多いですよ。

 

英語は日本語を直訳してつかうと、

全然意味が通じなくなることがよくあります。

この言葉は英語でなんていうのだろう?

と考えるのではなく

その行為や現象は英語でなんていうのだろう?

と考えるべきなのです。

このケースだと

おしっこをしたくてもじもじしている姿を想像してみるとよいかも?

そうしたら Hold it って言葉が出てくるでしょ?

もちろんより多くの単語力をみにつけるには

多くの文章に触れる事がとても有効です。

新聞記事は役に立ちます。

 

そしてワーキングホリデーや留学のご相談は

ASP留学情報センター がお役に立ちます。