Daily Archives: October 8, 2013

またでた!こんどはSounds fair =サウンドが公平?

英会話上達の秘訣はどれだけ多く会話の機会を作れるか。
つまり アウトプット
でも英語での会話の機会に恵まれても、いつも聞き役では会話になりません。
会話の主導権を握るには話題を提供することが大切です。
その為には会話のネタを豊富に仕入れておくことも必要。
つまり インプット
そこで20分の通学時間内で誰でも出来る、5つの英会話インプット方法は
>>こちら<<
で公開中です。

3連休でのんびりしてた?
いやそれなりに忙しく仕事したのですがPCの前に座る時間がなく
更新サボっちゃいました・・・
今週も頑張って更新しますので↑のいいね!ポチとか応援お願いします!

さて、今日拾ったMX Newsネタは

TOO SOBER

ts

“If we are making 21 the age we are allowed to drink, then let’s make it the age of criminal responsibility as well. Sounds fair to me.”

たった2行の文章なので頑張って内容を考えて見ましょう。

そして最後に出てきた

Sounds fair to me

という言葉。

またSoundsです。 前回はSounds like you でしたね。

今回の意味は「音が私にとって公平です」なわけはなく

僕にはフェアだとおもえるな

といった感じです。

つまり「飲酒は21歳からって法律をつくるなら、成人犯罪も21歳からにするべきじゃね? それならフェアだとおもうけどな」といった感じの文章なのです。

ここでSounds~の意味について語る必要は無いでしょう。

このふたつの文章から 大体Sound~の使い方がなんとなくわかれば

もうそれでこの言葉の使い方はマスターですから!

ちなみに、この記事はMX Newsの読者投稿です。

読者の投稿記事は文法的には正しくなかったり(くだけた文章)、スラングなどがつかわれてたりしますが、より口語的文章であったりして、実際にオーストラリアの人たちが使う文章に近い場合が多々あり勉強になります。

それに文章自体が短いので読みやすいという点も上げられます。

以前、趣味のサーフィン雑誌をよく購入していたのですが読者の投稿欄にも必ず目を通していました。

すると、よくサーフショップで交わされているような言葉がガンガンでてくるので、それらのフレーズを習得することにつながるなど、結構有用でしたよ。

お勧めです。

 

新聞記事は役に立つなー。

 

オーストラリアのワーキングホリデーや留学のご相談は
ASP留学情報センター がお役に立ちます!