Daily Archives: October 3, 2013

sounds like you?は「音がアナタを好きです」なの? 

英会話上達の秘訣はどれだけ多く会話の機会を作れるか。
つまり アウトプット
でも英語での会話の機会に恵まれても、いつも聞き役では会話になりません。
会話の主導権を握るには話題を提供することが大切です。
その為には会話のネタを豊富に仕入れておくことも必要。
つまり インプット
そこで20分の通学時間内で誰でも出来る、5つの英会話インプット方法は
>>こちら<<
で公開中です。

さて今日のMX Newから拾ってきた英会話のネタ

WASS-SUP?

drink

Wine drinkers who sip from a wider glass and hold it when re-filling end up drinking more, new research shows. Does this sound like you?

今回も1文が割りと長いです。

この文章解読のポイントはどの言葉が動詞なのか?ってところ。

昨日と同じく文法力が試される文章ですね。

この文章をスーパー短くすると

Wine drinker end up drinking more

ってなります。

なので end  up の意味さえなんとなくでもわかれば

ワイン飲む人はもっとたくさん飲む って話だ

って事がわかります。

end up は最終的になる とか 行き着くって言葉熟語なんだけど

なんとなくわかるでしょ?

で、じゃぁなんでワイン飲む人はもっと飲むようになっちゃうのか?

ということが

who sip from a wider glass and hold it when re-filling

で説明されてるのですが、この文はすべてWine Drinkerに対する説明なのです。

つまり口の広いワイングラスで、しかも注がれるときにグラスを手で持つ人は

たくさんワインを飲むって事が研究?(リサーチね)の結果わかった。

って事が書かれています。

それぞれの意味がどこに当てはまるかをやってみると

あ~なるほど~ってなるから試してみて。

このような文章を読み取るには日本の学校で習うSVO的文法ではなくて

このような文章に触れて、慣れる、覚える、親しむ がベストです。

なので新聞は教材としてパーフェクトなのです。

そして最後の Does this  sound like you? はもうこのまま覚えましょう。

「これってアナタもそう?」 って感じの意味

sounds like you ?  だからといって

君この音好き? とか 音がアナタを好きだ!

って意味にならないことは前の文章からも、写真からも明らかでしょ。

こういうのはフレーズとして覚えるのがベストですから。

 

新聞記事は役に立つなー。

 

オーストラリアのワーキングホリデーや留学のご相談は
ASP留学情報センター がお役に立ちます!