マーケティング専門学校APMトレーニングインスティテュート 

オーストラリア留学とワーキングホリデーを無料サポートするASP
ASPのサポートシステムの説明 ASPのサポート内容 ご利用規約 ASP現地スタッフ紹介 ASP会社概要 無料質問フォーム 無料サポート申込みフォーム サイトマップ
オーストラリアのイメージ画像
更新済み
初めての方へ
 ・お気に入りに追加
 ・留学ワーホリ業者の現状
 ・ASPの信用性
 ・便利サイト
・無料サポート
 ・相談から出発まで
 ・留学無料手続き手順
 ・ワーホリ無料手続き手順
 ・オンラインe-Visa取得手順
 ・各コースに必要な英語力
 ・無料相談デスク
 ・ワーホリ相談デスク
 ・留学費用お支払い方法
いいね!のクリックもお願いします!
FaceBookページで留学生の貴重な体験談や各種学校からの最新情報を掲載中
ASPブログ
英会話のネタ帳
2分で簡単に覚える
英会話のネタ帳で
英会話力UP




大学では教えてくれないマーケティングのスペシャリスト養成専門学校
■シドニーで人気の政府公認専門学校のご紹介■
APM Trainig Institute


APM トレーニングインスティテュート
大学では教えてくれないマーケティングのノウハウを学び花形業界のプロになる。

スポーツ、エンターテイメント、デジタル&インタラクティブ等の実践マーケティング、パブリックリレーション、アドバタイジングそしてイベントマネージメント。
これらの分野で活躍するプロフェッショナルを20年間にわたり育ててきた専門学校 APM Training Institute。
2006年AMPは海外の留学生にその門を広く開けます。


このページでは、マーケティング業界の花形エリアに特化した
APM トレーニングインスティテュートが、多くの大学卒者を含めた現地オーストラリア人に何故これほどまでに人気を集めているのか?
そのユニークな授業形態。そして、海外留学生に対して用意されている各種コース詳細や費用、入学方法などを詳しくご説明いたします。

■ASPオーストラリアスチューデントパイプラインはAPM正規契約留学代行業者ですので無料サポートがお受けになれます。


■APMってどんな学校なんだろう?

■APMにはどんなコースがあるんだろう?

■APMへの入学に必要な英語力は?

■英語力が不足している場合はどうしよう?

APM
APM トレーニングインスティテュート
APM Trainig Insutitute
エーピーエム トレーニング インスティテュート   
”オーストラリア政府公認マーケティング専門学校”
                               
APMってどんな学校なんだろう?
  
アジア太平洋州マーケティング・イベント業界へ最強の履歴書を作る”    APMの講師陣は業界の第一線で活躍する現役のプロ!

20年間にわたりこの学校が、専門学校でありながら多くの現地大卒者達に支持されてきた理由はたくさんあります。

まずその実践的な授業。
講師陣はいわゆる学者ではなく、業界第一線で活躍する現役のプロ達。
つまり、今マーケットは何を求めているのか?どうやってマーケットニーズを掴むのか?常にトレンドが流動するマーケティング業界の実戦で必要とされるところが講義されます。

そしてユニークなコース内容。
APMのマーケット学の各コースは、オーストラリアにおいて、TAFEを含む他の専門学校はもちろんのこと、いまだ大学ですら講義されていないエリアばかり。
しかもそのエリアは実社会において常に即戦力が要求されるため、単なる理論だけは通用しない雇用市場でもあり、APMの卒業生にとっては「買手市場」とも言えるでしょう。

また、業界への就職の架け橋となるネットワーク作りの為のイベント。
特に人気なのが毎回6人という少人数で行なわれる
「コーヒー・クラブ・イベント」
ゲストを招き6人の生徒がゲストとコーヒーを飲みながらフリーディスカッションが出来るという非常にユニークな授業。
普通授業は一方的に聞き手になるところを、このインフォーマルなイベントでは現役のプロが、どうやって今の仕事を勝ち得たのか?というすごく聞いてみたいところや、自分の場合ならどのようなチャンスがあると思うか?など色々なアドバイスも受けられるます。
またメールなどで彼らとのコミュニケーションも続けることが出来るので、業界とのコネクションを作る架け橋になります。

その他にも「ネットワーキング・ナイト」や「インダストリー・アソシエーション・イベント」など業界とのネットワークを作るチャンスが数多く設けられています。


学校自体が関連業界の各団体から認知または提携されています。卒業後にはそれら団体からのサーティフィケートも与えられます。
このようにマーケティング主要団体との協力関係にある教育機関はAPMだけです。

そして、もっともユニークでしかも実用的なのが、後期半年間にわたり行なわれるインターンシップ・プログラム。
週2日間提供されるインターンシップは、150名の生徒に対して、300社からのオファーがあります。

インターン中は、他のインターンシップにありがちなコピー取りやファイル整理といった雑用?ではなく、実際の現場において仕事を与えられます。
そして終了後はインターン先の会社から数ページの詳細にわたるレポートを添えた紹介状が発行されます。


就職活動の際に、名のある企業において何を経験してきたかをこの書類で証明することで、自分の実力を面接官にアピールできます。
新卒者でありながら経験者と同じレベルで自分をアピールできるこの紹介状を添えた履歴書は、求職時の武器として最強といえるでしょう。


詳しくはASPシドニーデスクまでどうぞ!

 

■所在地■

213 Miller Street, North Sydney NSW 2060
WEB:
http://www.apm.edu.au

■ロケーション■

APMはシドニーCBD(ビジネス中心街)から北へ電車で2駅。ハーバーブリッジを渡ったシドニー第2のビジネス街であるノースシドニーにあります。
お洒落なカフェ、レストラン、バーなどがたくさんあり、街の雰囲気はビジネス街ならでは。
また日本人にとっては非常に住みやすいノース地区ですので、和食レストランもちろん食材なども手に入るエリアが近隣しているので、学校近所に住むことで快適なシドニーライフを送ることが出来ます。
TOPに戻る


APMにはどんなコースがあるんだろう?

APMのコース紹介
マーケティング
■Bachelor Business (Marketing)■
■Diploma of Marketing■
■卒業後の進路例■
企業全般、NPO、マーケット&コミュニケーション・エージェントなどでのマーケティング・アシスタントやマーケティング・コーディネーター→プロダクトマネージャー→チャンネルマネージャー→ブランドマネージャー→マーケティング・マネージャー/ディレクター

Australia Marketign Institute このコース修了者はAustralia Marketign Institute のメンバーシップ取得資格と、Certified Practicing Marketer のステイタスが与えられます。

■学習科目■
マーケティング基礎 ●消費者動向 ●PR 基礎 ●ビジネス・ダイナミクス ●会計原理と会計報告書解説 ●プレゼンテーション・スキル●スポンサーシップ ●マーケティングコミュニケーション全容 ●新メディアマーケティング ●マーケティングミックスの確立、管理 ●戦略的マーケティングマネージメント ●イベントのデベロップとプランニング ●リレーションシップ・マーケティング ●マーケティング選択科目T ●マーケティング選択科目U ●メディアトレーニング ●ビジネス&プロフェッショナル・ライティング ●キャリアのデベロップとプランニング ●インターナショナル・マーケティング ●マーケティングプランの開発と管理 ●クリエイティブ思考 ●基礎コンピューターアプリケーション ●関連業界でのインターンシップ
TOPに戻る

パブリック・リレーション

■Bachelor Business (Public Relation)■ 

■卒業後の進路例■
企業全般、NPO、PR/マーケティング&コミュニケーション・エージェントなどでのPRアシスタントやPR/コミュニケーション・オフィサー→PRマネージャー→PRヘッド→PR/コミュニケーション・ディレクター

Public Relation Institute of Australia このコース修了者はPublic Relation Institute of Australia のメンバーシップ取得が出来きるうえ、同協会からContinuing Professonal Development のステイタスが与えられます。

■学習科目■
マーケティング基礎 ●消費者動向 ●PR 基礎 ●ビジネス・ダイナミクス ●会計原理と会計報告書解説 ●プレゼンテーション・スキル●スポンサーシップ ●マーケティングコミュニケーション全容 ●新メディアマーケティング ●マーケティングミックスの確立、管理 ●戦略的マーケティングマネージメント ●イベントのデベロップとプランニング ●リレーションシップ・マーケティング ●PRコミュニケーション・マネージメント ●PRスペシャリストエリア ●メディアトレーニング ●ビジネス&プロフェッショナル・ライティング ●キャリアのデベロップとプランニング ●インターナショナル・マーケティング ●マーケティングプランの開発と管理 ●クリエイティブ思考 ●基礎コンピューターアプリケーション ●関連業界でのインターンシップ

TOPに戻る

イベント・マネージメント
■Bachelor Business (Event Management)


■卒業後の進路例■
企業全般、NPO、イベントプラン・エージェント、PRエージェント、政府機関、ほぼ全産業の協会などでのイベント・アシスタント、ミーティング・コンファレンス・アシスタント、イベント・コーディネーター、プロダクション・アシスタント→イベント・マネージャー→ミーティング・コンファレンス・マネージャー→イベント・ディレクター

Festival and Event Association このコースの受講者は在籍中にFestival and Event Association にスチューデントメンバーとして登録されます。コース修了者はAustralia Marketign Institute のメンバーシップ取得資格と、Certified Practicing Marketer のステイタスが与えられます。

■学習科目■
●マーケティング基礎 ●消費者動向 ●PR 基礎 ●ビジネス・ダイナミクス ●会計原理と会計報告書解説 ●プレゼンテーション・スキル●スポンサーシップ ●マーケティングコミュニケーション全容 ●イベント・プロジェクト管理(・エベント・コンセプト・デザイン&デベロップメント、・イベントの提案&入札、・イベントにおけるリスクマネージメント) ●イベント・スポンサーシップとファイナンス ●イベント法令 ●インターナショナル・マーケティング ●リレーションシップ・マーケティング ●マーケティングプランの開発と管理 ●ビジネス&プロフェッショナル・ライティング ●キャリアのデベロップとプランニング ●スペクテイター(観客)の管理 ●基礎コンピューターアプリケーション ●関連業界でのインターンシップ

TOPに戻る
2013年度現地価格
上記各Bachelorコース (期間2年または3年)
●授業料               $17,166 (年)
Diplomaコース
●授業料               $8,200 (26週間)

開講日: 毎年2月、6月、9月


APMに入学するにはどれぐらいの英語力が必要なんだろう?

■英語力レベル■
APMでの授業は英語で進められ、しかもビジネス用語など高度な単語も使用されるので、比較的高度な英語力が要求されます。
APMの様な政府公認専門学校に入学するには、
規定のレベルであるIELTS検定アカデミックモジュール5.5または6.0ポイント以上が必要になります。
*他の英語検定試験ですと
 TOEIC 800
 TOEFL 550 (Paper Based)
 TOEFL 213 (Computer Based)
といった各スコアが入学に際しての目安となります。

こちらのページhttp://www.asp-ryugaku.com/0English-Level.htmより各学校、各レベルの受講内容、英語力などが御覧になれます。
(各授業についてゆくにはどのくらいの英語レベルが必要になるのかがわかっていただけます)
ほとんどの日本の方々がこの部分で引っかかってしまいます。
ということは、まず英語力の向上が先決なりますね。
やはり英語圏での留学や生活、就職に重要なのは英語力なのです。
しかし「どうしても検定試験は受けたくない!」という方々もおります、
中には実力はあるのですが、試験となるとあがってしまいどうしても得点できない、、、
そういう方々のためにAPMではビジネスやマーケティング、自然療法に関連した英語学習に特化したAPM専用進学コースを用意しています。

TOPに戻る


ダイレクトエントリープログラム(DEPコース)とは?
英語検定免除でACNTへ入学可能

ダイレクトエントリープログラム(DEP)
このコースは、その名の通 り、APMへの進学を目指している学生を対象に、APM本科コースでの勉強に必要とされる英語力と学習技能を向上させるようにデザインされています。 基本的に、 聴講する力(聞く)、学術的な文章を読む力(読む)、エッセイやレポートを書く力(書く)を高めるための授業が中心で、定期的にディスカッショやプレゼンテーション(話す)の練習も行います。
さらにAPMの本科コースで多用される医療や自然療法の分野に関する英語を集中的に学ぶ事ができます。

■受講期間は10週間または15週間です。DiplomaおよびCertificateコースの場合は”Pre-Intermediate”(中級レベルの下のほう)のレベルがある方で15週間、”Intermediate”(中級レベル)のレベルの方で10週間が目安です。
この受講期間が、APMなど専門学校への留学を計画するに当たり、もっとも難しい部分です。
APMではこの英語レベルを事前に測るエントリーテストを用意しています。
オーストラリア国外のご自宅でテストを受ける事が可能ですので、APM留学を検討されている方はまずここからスタートする事をお勧めします。

詳細はASP質問デスクまでお問い合わせください。
お手数ですがこちらのページ http://www.asp-ryugaku.com/0Mousikomi.htm から
必要事項を記入して発信してください、すぐにこちらからご連絡させていただきます。
もちろん無料サポートですのでご安心を!
*ご返事はお待たせいたしません。
*ASPでは無料入学手続きサポートを行っております。

<
TOPに戻る

ワーキングホリデーや留学の事 なにから始めたらいいの? ワーホリって実際どうなの?  まずは質問してみよう!
メールで相談 メッセンジャーで相談 スカイプで相談 電話で相談 Mixiで相談

無料質問相談
ワーキングホリデー(ワーホリ)、留学、各種学校、ビザ、ホームステイ、などオーストラリアの事ならどんな事でもまずはお気軽にASPシドニーデスクへ連絡をどうぞ!
◆ お問い合わせには現地シドニーから24時間以内にお答えいたします。
(週末受信分は週明けになる場合がございます)
◆ MSNメッセンジャーの場合ですとライブにて担当者に質問が出来ます。

★質問デスクへ簡単質問メールする←クリック
★Skypeでライブチャット相談(大好評!)←クリック
皆様からのお問い合わせは、知識と経験を兼ね備えた
RCA留学協会認定海外留学アドバイザー
が迅速丁寧にお答えいたします。
  
asp Australia Student Pipeline Pty. Ltd.

オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
本社ASPシドニーデスク

担当:赤穂
Suite 604, Level 6
2 Help Street
Chatswood NSW 2067 AUSTRALIA
TEL:+61-411-423225
(日本語ホットライン)

FAX:+61-2-9267-7863
info@asp-ryugaku.com
オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
ユーアイツーリスト赤坂支店
イーグルツアー

航空券手配留学カウンセリング
担当:荻野
〒107−0052
東京都港区
赤坂2−17−55−508
TEL:03−5549−2332
FAX:03−5549−2677
ogino@eagletour.co.jp

オーストラリア留学,ワーキングホリデー,ワーホリ,無料手続き
P.O.C Field
(ピーオーシーフィールド社内)

担当:中野
〒565−0851
大阪府吹田市
千里山西1−38−14
WK千里山ビル4階
(阪急千里線千里駅西口正面)
TEL:06−6326−3530
info@poc-field.com
TOP HOME

留学情報ワーキングホリデー情報専門学校、資格取得語学学校・専門学校リストホームステイスポーツ留学イベント情報
ご利用規約サポート内容無料システム会社案内| スタッフ紹介無料質問デスク無料申込みフォームサイトマップ
AMP マーケティング専門学校
Copyright(c) [ASP] Australia Student Pipeline Pty. Ltd. All Rights Reserved. 無断転載・転用・引用禁止