語学学校の選び方

オーストラリア留学とワーキングホリデーを無料サポートするASP
ASPのサポートシステムの説明 ASPのサポート内容 ご利用規約 ASP現地スタッフ紹介 ASP会社概要 無料質問フォーム 無料サポート申込みフォーム サイトマップ
オーストラリアのイメージ画像
更新済み
初めての方へ
 ・お気に入りに追加
 ・留学ワーホリ業者の現状
 ・ASPの信用性
 ・便利サイト
無料サポート
 ・相談から出発まで
 ・留学無料手続き手順
 ・ワーホリ無料手続き手順
 ・オンラインe-Visa取得手順
 ・各コースに必要な英語力
 ・無料相談デスク
 ・ワーホリ相談デスク
 ・留学費用お支払い方法

オーストラリア留学 学校の選び方



現在オーストラリアには約40校の大学・約200校の専門学校・約300校の政府公認語学学校そしてプライベートスクールは星の数ほどあります。

その中からみなさんが自力で自分に合った最高の学校を選び出すのは相当むずかしいことです、まずはあせらずに海外留学をする目的から考えてみましょう。

自分自身が今回のオ−ストラリア留学で何を獲たいのか? 
将来どんな方向に進みたいのか?
 
いくつかの留学目的例を以下にあげてみます。
しっかりした目的意識を持って有意義なオーストラリア生活をお送りください。
オーストラリア留学 学校の選び方

関連情報:  
語学学校は行くべきか?
ワーキングホリデー予算節約テクニック1-10万円節約方法
ワーキングホリデー予算節約テクニック2ス-チューデントハウス利用

あなたのオーストラリア留学目的は? あなたのオーストラリア留学目的は?


語学上達重視

高校進学・大学進学・大学院進学

専門技術の習得

海外自立生活経験 (アルバイトなど)

友人ネットワーク作り

将来オーストラリアでの就職希望

スポーツ・運動関係


息抜き遊び
ワーキングホリデー

ワーホリの場合は、学校・アルバイトなど全ての経験が可能な便利なビザです。また、オーストラリア現地にてワーキングホリデービザから留学生ビザへの変更も可能です。詳しくはASPシドニーデスクまでお問い合わせください。

★同一学校での受講は4ヶ月間までの規定。
★同一雇用主の職場での就労はは6ヶ月間までの規定。



学校の選び方

みなさん各自の目的はそれぞれ違いますが、学生ビザでオーストラリアへ行く方々は日本で留学生ビザの申請を行うため日本出発前に学校を決定し申込みをする必要があります。(オーストラリア教育省の規定で学校への費用支払いを済まさないとビザの取得は出来ません)

実際にご自分で見ていない学校を選ぶには不安がありますので、現地状況を熟知したASPシドニーデスクの留学カウンセラーと相談をして決めるのが確実です、どんなお問い合わせにもフレンドリーな対応をいたします
。しっかりとした目的意識を持ったら、つぎのステップとして学校選びの細かいポイントを考えてみて下さい。選ぶポイントとして以下に例をあげてみます。


学校選びのポイント



授業内容重視・検定受験準備・進学準備
真剣に英語の勉強をしたいとお考えの場合は、一般英語だけではなく、検定試験対策コース、進学準備コースなどが充実している進学校がお勧めです。長期語学留学の場合も同様です。


学校規模
設備完備の大規模学校やアットホームな雰囲気を望むか…など



ロケーション(気候なども考慮した立地条件)
オーストラリア大陸には気候や風土の違った都市が点在しています。
ご自分の希望に合った都市を優先してみるのも良いですよ。




授業料・学費重視・費用を抑えたい
これは重要です!よね?
留学の目的によっては充分な準備費用が必要になります。
授業料は大都市の方が比較的安い費用での受講が可能です、特にシドニーには格安で質の良い学校が多数あります。
こちらの特集ページをご覧ください 「1月あたり10万円以下で通える語学学校特集」


日本人学生の割合・生徒の出身国籍の割合
このポイントは少々説明が必要です。
ほとんどの方が日本人の少ない学校やアジア系が少なくヨーロッパ系の生徒が多い学校を希望してきます。

”日本人生徒数割合・・・・数字のマジック”
通常どこの語学学校でも個人の
英語力レベルに合わせて4〜6クラスに分かれての受講となりますが、必然的に日本人やアジア系の生徒は初心者クラスに集まってきます
学校詳細に記載されている日本人生徒の割合の%は全校生徒数から計算されていますので、これはあまり当てにはなりません。

最近はほとんど聞かないですが過去には
「日本人生徒割合が15%となっていたのに実際に入学してみたら私のクラスは半分以上が日本人で残りもほとんどがアジア系だった!」 
こんな事になることも。

また、
パースやアデレイドのような地方都市の方が日本人生徒が少ないのではとお考えの方々が多いですが、これも間違い!
地方都市はシドニーなどの大都市に比べて学校の数が圧倒的に少ないのでその分、日本人生徒やアジア系生徒の比率が必然的に高くなるのです。
シドニーの方が反対に日本人生徒割合が低い学校が多数あるのです。



1クラスの学生人数
授業料が安くても1クラス20人なんて学校では良い授業は受けられません。
通常1クラスの生徒数は8名〜12名が平均的なクラスですが、学校によっては少人数制もあります。



アクティビティー(課外授業)の内容と充実度
オーストラリアの各学校では英語授業の他にも楽しみならがコミュニケーションスキルを向上させるためにスポーツやBBQなどアウトドアで多数のアクティビティーを用意しています。


オーストラリアの語学学校、各種専門学校情報

オーストラリアの語学学校、各種専門学校情報
↑↑各州学校情報はこちらから↑↑
★ オーストラリア全国の学校記載以外のオーストラリア全土の語学学校へのリクエスト無料手続き可能!ここをクリック!


★ASP留学無料代行をご利用になった皆様の声はこちらからどうぞ★
ワーキングホリデーや留学の事 なにから始めたらいいの? ワーホリって実際どうなの?  まずは質問してみよう!
メールで相談 メッセンジャーで相談 スカイプで相談 電話で相談 Mixiで相談

無料質問相談
ワーキングホリデー(ワーホリ)、留学、各種学校、ビザ、ホームステイ、などオーストラリアの事ならどんな事でもまずはお気軽にASPシドニーデスクへ連絡をどうぞ!
◆ お問い合わせには現地シドニーから24時間以内にお答えいたします。
(週末受信分は週明けになる場合がございます)
◆ MSNメッセンジャーの場合ですとライブにて担当者に質問が出来ます。

★質問デスクへ簡単質問メールする←クリック
★Skype, MSNメッセンジャーでライブチャット相談(大好評!)←クリック
皆様からのお問い合わせは、知識と経験を兼ね備えた
RCA留学協会認定海外留学アドバイザー
が迅速丁寧にお答えいたします。
  
TOP HOME

留学情報ワーキングホリデー情報専門学校、資格取得語学学校・専門学校リストホームステイスポーツ留学イベント情報
ご利用規約サポート内容無料システム会社案内| スタッフ紹介無料質問デスク無料申込みフォームサイトマップ
オーストラリア ワーキングホリデー
Copyright(c) [ASP] Australia Student Pipeline Pty. Ltd. All Rights Reserved. 無断転載・転用・引用禁止