オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)情報

オーストラリア留学とワーキングホリデーを無料サポートするASP
ASPのサポートシステムの説明 ASPのサポート内容 ご利用規約 ASP現地スタッフ紹介 ASP会社概要 無料質問フォーム 無料サポート申込みフォーム サイトマップ
オーストラリアのイメージ画像
更新済み
初めての方へ
 ・お気に入りに追加
 ・留学ワーホリ業者の現状
 ・ASPの信用性
 ・便利サイト
無料サポート
 ・相談から出発まで
 ・留学無料手続き手順
 ・ワーホリ無料手続き手順
 ・オンラインe-Visa取得手順
 ・各コースに必要な英語力
 ・無料相談デスク
 ・ワーホリ相談デスク
 ・留学費用お支払い方法
オーストラリア現地学校情報
オーストラリア語学留学、専門学校留学情報
★ オーストラリア全土の語学学校へのリクエスト無料手続き可能!ここをクリック!
オーストラリアで携帯電話
,オーストラリアの携帯電話レンタル
ご出発前に携帯電話番号を取得できます、着信無料、格安料金、機種豊富。
◆ ここから簡単に手続きができます!

ワーキングホリデー(ワーホリ)の基礎知識

海外で生活をしてみたい! 英語を上達したい! 海外で仕事をしてみたい!

ワーキングホリデー(ワーホリ)とは、働いて生活費を補いながら海外での生活を体験できるビザのシステムです。

ワーキングホリデーでは語学学習や資格取得で自分を成長させるのもいいし、ただラウンド旅行や遊びを楽しむだけのホリデーでもかまいません。

あなたの望むワーキングホリデー(ワーホリ)プランを、あなた自身で立てることができるのです。

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは

学生ビザ+就労ビザ+観光ビザのような魅力的なビザ

です。

取得すれば語学を学んだり、アルバイトもできます。

さらに、ボランティア活動をしたり、オーストラリア全土をバスや車やバイクでの長期旅行もできます。

オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)で人生最高の経験をしませんか?

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの特徴
現在オーストラリアでのワーキングホリデー(ワーホリ)の年齢制限は18歳〜30歳までに引き上げられていますので学生さんだけではなく、社会人の方々が海外でのキャリアを積むための手段としても利用しています。
例えばある26歳の広島からやって来た元OLのAさんは

Aさんのコメント:

「日本では人材派遣会社に所属して一般事務のお仕事をしていました。」

「今までに何回か海外旅行には行っていますけど、人生経験とまではなっていませんでしたね。」

「今回思い切ってオーストラリアでのワーキングホリデーに挑戦して7ヶ月になりますが、いろんな経験ができると言うか、しなければならないので相当自分自身タフになったと思います。」

「仕事・語学勉強・生活・経験・友人・遊びなど全てが同時進行中です!」

「残りの5ヶ月間をもっとアクティブに楽しんで、日本に帰国したら新規一転新しい仕事の就職活動します。」


ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの特徴

健康な若人ならだれでも申請OK!学歴や経験は一切関係なし。 健康な若人ならだれでも申請OK!学歴や経験は一切関係なし。 ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの特徴
働くことができるので少ない予算で長期滞在できる。 働くことができるので少ない予算で長期滞在できる。
現地職場で生の英語会話を使用するので語学の上達が早くなる。 現地職場で生の英語会話を使用するので語学の上達が早くなる。
日本での経験を活かした仕事も可能。 日本での経験を活かした仕事も可能。
現地での国際的な友人が増えネットワークがつくれる。 現地での国際的な友人が増えネットワークがつくれる。
学習・仕事・旅行がいっぺんに同時進行! 学習・仕事・旅行がいっぺんに同時進行!
新しい自分自身の開発 新しい自分自身の開発


ワーキングホリデー(ワーホリ)制度の条件

18歳以上から30歳までの日本国籍で子供がいない事。 18歳以上から30歳までの日本国籍で子供を帯同しない事。
ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの特徴
滞在予定期間の生活費資金及び帰国時旅費があること。 滞在予定期間の生活費資金及び帰国時旅費があること。
過去にワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを取得し入国したことがないこと。 過去にオーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを取得し入国したことがないこと。 
ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザには毎年度ビザ発給数の制限あります。(毎年7月1日より翌年6月30日) ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザには毎年度ビザ発給数の制限あり、発給数が定員に達し次第本年度分ビザ発給終了されます、発給出来なかった申請分は翌年度以降の発給枠で発給されます。
(しかしカナダなどの国と比べ発給数は非常に多いので定員に達するということはほとんどありません。)

同一の雇用者のもとで3ヶ月以上フルタイムで働くことができません。2006年7月1日から最長6ヵ月へと延長になります。 同一の雇用者のもとで6ヶ月以上フルタイムで働くことができません。
英語学校は、フルタイムで12週間までです。2006年7月1日から最長16週間へと延長になります。 英語学校は、フルタイムで4ヶ月までです。
申請は郵送とインタ−ネットでの申請が出来ます、書類に不備等なければ3週間前後で発給されます。 申請はインタ−ネットでの申請が出来ます。申請に不備等なければ最速1日で発給されます。
入国後の滞在期間は基本的に1年間ですが、3ヶ月間の季節労働(ファームでのピッキング、パッキング)のほか、漁業、真珠養殖業、羊の毛刈り業、畜殺業、山林管理業に従事すると、さらに1年間のビザを延長することが可能です。 入国後の滞在期間は基本的に1年間ですが、3ヶ月間の季節労働(ファームでのピッキング、パッキング)のほか、漁業、真珠養殖業、羊の毛刈り業、畜殺業、山林管理業に従事すると、さらに1年間のビザを延長することが可能です。

では、実際にワーキングホリデー行くとなると、どんな情報が必要となるのでしょうか。
ワーキングホリデーの全てがわかる! ワーキングホリデー徹底解明 
「僕のワーホリ体験談」でさらに詳しく解説しています。

★ASP留学無料代行をご利用になった皆様の声はこちらからどうぞ★

悩んでいるよりまずは無料相談をご利用ください。
返答はお待たせいたしません!
まずはご相談ください
メールで相談 メッセンジャーで相談 スカイプで相談 電話で相談 Mixiで相談
無料質問相談
ワー キングホリデー(ワーホリ)、語学学校留学、各種専門学校留学、ビザ、ホームステイ、などオーストラリアの事ならどんな事でも、お気軽にASPシドニーデスクへ連絡をどうぞ!
◆ お問い合わせには現地シドニーから24時間以内にお答えい たします。
(週末受信分は週明けになる場合がございます)
皆 様からのお問い合わせは、知識と経験を兼ね備えた
RCA留学協会認定海外留学アドバイザー
が迅速丁寧にお答えいたします。
NPO留学協会  

TOP